アスペルガーとエリザベス・キューブラー・ロスの五段階モデル ― 取引(第三段階)

引き続き、『Very late diagnosis of Asperger Syndrome』では、
第三段階である「取引」を次のように説明している。

以下、拙訳:
取引は回避の別の方法で、
たとえば『何か特定のことをすると誓ったら、
私に起こっている変化を避けられるだろうか?』
というように機能します。

人生の遅くに診断を受けた自閉症スペクトラム障害当事者は
自閉症的傾向のある自分を認めるというパラダイムシフトに
抵抗することがありますが、たとえば、次のような取引を行います。
『今人生を終わりにしたら、起こっている変化を避けられるだろうか?』

人生における変容を回避できる方法としては、
自殺か薬物か宗教しかないでしょう。